--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-12

プレシャスに出たよ。

エル・アルコン

蘭の星


白ティリアンがティリ子。

力技でティリアンの生涯の起承転結を書き込んだ齋藤アレンジは、マンガという二次元の世界を視覚化する方法として、アニメや紙芝居的な発想を駆使している


アニメに失礼じゃないかーはははは。紙芝居だってのあの手法は。

心理劇よりストーリー先行という演出は、まさに“活劇”の面白さ



そうか、「活劇」か。
・・・少年マンガ的でもあるか。心理劇よりストーリー先行つうのは。
なるほど少女漫画を少女が読むマンガだということを理解していない、宝塚を女性客が大多数だということを理解していないんだなあ。つまり。
「マンガ」に親しみの無い方はみんな同じだと思っているかもしれないけれど明らかに少女漫画の手法と、少年漫画の手法は違う。
少女漫画を少年漫画の手法で描いても結局見る側は少女漫画の手法に親しんだ人たちなんだからさ。うん。

ある意味でこの資質は、『ベルサイユのばら』路線を踏襲しているといってもいい。


あ、やっぱりベルばらに近いよね。
幕前芝居の多用とか。原作読んでない人にはわけがわからないとことか。


齋藤アニメの世界観か?



齋藤アニメって言われてるーーー!!!(笑)
何それそういうジャンル確立してんの?(笑)
今までも言われてたのか?A/L評とか見てないんだけど(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

麻美

Author:麻美

かうんた


最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

行く。

リンク
FC2ブログランキング
ランキングに参加してみました。ぽちっとお願いします

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。