--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-26

エルアルコンのみかた。

エル・アルコン。
初日から時間が経って、いろんな人の感想や反応を見てきましたが
若い子のほうが原作を読んでなくても初見でも「面白かった!」という反応が多い気がする。若い(笑)って。

いや実際、舞台面白くなってるんだと思う。そして2回目以上見に行ったら面白いと感じる部分も多くなると思うし、楽しめる部分もいろいろ出てくる。

でも初めて見て面白かった!って反応が若い子に多いのは何でだ?
年齢関係なく面白かった!と思った人は思うんだろうけど。
やっぱり総合すると10代から20代前半の人たちの感想見ると初見でも楽しかった人が多いみたいな気がする。
実際私の周りの若い子たちの反応がそう。
(なのでうちのブログとか見てたから肩透かし食ったみたいな(笑)人も多いみたいで。)

やっぱり前にもちょっと書いたけど少年漫画の文脈に慣れてると、予備知識がなくても平気なのかな。
少年漫画の疾走感に「慣れてる」人たちは。
少年漫画つか、ジャンプ。ジャンプを本人が読んでなくても周りで読んでいたり、触れているものがジャンプの影響を受けていたりしていたら、ジャンプの漫画のような疾走感が身近にあってもおかしくない。
だからなんか世代的にそういうものがあるのかな?とも思った。


以前好きな作家のエッセイで、『ベストセラーの少年漫画(ジャンプ系)を読んだら面白いんだけど、読むのにものすごく時間がかかってしまった。なぜかというとその少年漫画の手法に慣れていないから、その手法に慣れるまでなかなか読みこなせなかった』というのを読んだことがあります。
結局そういうことと同じことなのかな。
今までどういうものに触れてきたかで、感想がかなり違う。
でもまあそれって、何にしてもそうだよね。エルアルコンの舞台に限らず。
でも、商業演劇なら、エンターテイメントなら、ここまでその「触れてきたものの違い」で感想に差は出ないと思うんだよねえ。うーん。
西と東の反応がまったく違うってのもあるけどね。
(それって舞台の深化の度合いも関係してる気がするけど)

まあ何にしても2回以上見たら、見るべきところがわかって面白いので。
東京一般チケットも発売になったことだし、1回でいいやーって思ってる、とくに少年漫画の疾走感に慣れてない人はだまされたと思ってもう一回見にいってみるといいですよ。
ついでに1回目は2階で見て、2回目は1階で見るとかなり感動が違うと思います(笑)
・・・って2回いっても面白くなくてだまされたー!って言われても困りますが(笑)自己責任で(笑)
でも瞳子さんもそう言ってるし。2回みたら面白いって(笑)。
・・・

ネガティブキャンペーンをするつもりなんてまったくないです。
が、ネガティブな意見は確かに多く書いたかもしれません。
だからそういうふうに思う方がいらっしゃっても仕方ないことだと思います。

でも思ったことしか書けないので。

1回しか行かない人のほうが圧倒的に多い中で、どういう評価がされるかっていうのは気になってしまう。
自分だけが楽しいって楽しんでるなら今までいろいろ書いてきたこととか書きませんよ。


まーでも私はもう東京にきたら楽しみますよ。
それにどんどんよくなるのはわかってるし。とうこさんの役者としての力を信じてるし(笑)
つうか何より安蘭けいに会いたい。舞台の上のとうこさんを見たいもん。


でもまあさくらより回数減ってる。ていうか抑える。
スカピン通いたいもん。話の内容と音楽と小池先生の舞台の使い方などを総合した結果、スカピンは相当通うことに決めました。(チケットが取れるのかって問題がありますが)そのためにも赤と黒すらあんまりいけないかも・・ってそっちだって取れるのかチケット。(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

麻美

Author:麻美

かうんた


最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

行く。

リンク
FC2ブログランキング
ランキングに参加してみました。ぽちっとお願いします

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。