--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-07

さよならショー@月の満ちる頃

昨日は用事があって帰宅が遅くなったんですが、スカステのわたるさんさよならショーは見られました。ファーストランでした。

わたるさんがとちったところやっぱ編集してたね、というかこれはラストデイの映像と同じなのかな?ラストデイの映像を見返さないとわかんないんだけど。
ラストデイの映像、入手したときに1度は見たのですが、それ以来見ていません。だから、結構昨日は衝撃が大きかった。



こんな顔してたのか。って。


アイーダのこと。

月の満ちる頃というシーンは、ラダメスとアイーダが一番幸せなシーンだ。思いが通じ合って
お互いがお互いのために何もかも捨てる誓いをして、これから駆け落ちする約束をした。
お互いのことしか見えない恋人どうしの、一番幸せなシーン。

ラダメスもアイーダもこれから訪れることは二人きりの幸せな未来しか思い描いていない。
だから本公演でも、中日(中日はもっと甘々にべたべただったけど)このシーンは二人とも幸せでしかない顔をしている。
そのシーンの再現シーン。わたるさんも退団する前にもういちどこの幸せな恋人同士のシーンを演じたかったんだなって思った。


なのになんでこんなに切ないのかって。
アイーダがアイーダになれてなかったからだ。
これから起こることは幸せな二人きりの未来じゃないってわかっているアイーダだった。
というか。これからはもう一緒に居られないってわかってる「瞳子さん」だった。
眉根を顰めるようにして歌う「月の満ちる頃」は、本当に切なかった。
これからこの先宝塚の舞台で、二人が一緒に芝居をすることは無いことへの悲しさが出てしまってた。表情に。芝居に。歌に。

なんか、DVDで見たときも中継で見たときもここまで思わなかったんだけれど
今頃実感して、切なくなってしまった。
遅いよ(笑)
でも今だから余計に思うのかな。
トップになってからいろんなことがあった。幸せな瞬間もいくつもあっただろうし、大変だったことも辛かったこともたくさんあった。それを経た今だから、余計に思うのかな。


アイーダだけではなく、
このところ毎日のように晴れやかに大階段を最後に下りてくるとうこさんの顔を見ているから
あんな切ない歌い方で切ない顔で降りてくるのを見たのもひさしぶりで、衝撃だった。
「この公演が終わってしまうのが悲しい」って気持ちで歌ってる。
トップ内定したとき、嬉しいけれど今はわたるさんたちを無事に送り出すことしか考えられないと言っていたけれど、
本当にその言葉を実感したよ。

まだ愛短は見ていないけれど
先月、1月の予告CMで愛短が流れたときに切なくて泣けたくらいだったので
きっと見たらまた切なくなるのかもしれないなって思った。


で。



わたしはワタトウが好きです。ワタトウヲタと呼ばれてもかまわない。なぜかって、とうこさんが好きだからです。痛いといわれても言い張ります。
とうこさんがわたるさんのことを信頼してて、好きだから。それが見えたから。

書いたことなかったけどさ、バビロンの演出を見たら、次がとうこさんトップだろうと期待した人もいたかもしれない。
とくに、とうこさんがトップになることをずっと熱望していた人たちは、やっぱりそこでわたるさんを憎んでしまったかもしれない。でもそれは、わたるさんのせいでは無いんですけれどね。
そのせいで、わたるさんととうこさんの関係をあまりよくないはずだと決め付けてみてる人もいるかもしれません。

でもわたしはわたるさんの二番手をやっている瞳子さんを最初に見ているから、その姿が当たり前だった。
ずっと見てきてた人とは視点が違って当たり前です。
だからその人たちから見たらわたしがワタトウワタトウと言っているそれは「間違ってる」のかもしれない。
実際どうだかもわかりません。
(個人的な趣味の問題でいえば、わたるさんという人については、わたしの好きなタイプの役者ではないなと思ってます。嫌いってわけじゃないけど。好き!!って宣言できるほどではない。そういう意味ではあすかちゃんのほうが「ファンとして」好きです。)

でも、わたしはそういったとうこさんの置かれている状態だとか、とうこさんがどう思っているだろう、とか推測をしたこともない予備知識の無い段階で、とうこさんがどういう人なのか知りたくて
ファンになってから一気に色々と見た。

ナウオンとかプルミエールとかのような、素で話をする場で見せるわたるさんへ向けての表情は、信頼してる相手にしかできない表情だと思いました。
舞台でもそう。わたるさんのことを信頼して芝居をしてた。
先入観が無い状態で見て、そう思ってしまったんですよ。
とうこさんがどういう人なのか知りたくていろいろと見たら、わたるさんのこと信頼してそうだなあって思ってしまったんですよ。
それらを見てからどんどんフィルターがかかっていったのは否めません。

4日の出で、過剰にご機嫌に見えたのは「わたるさんがきたからだ」というフィルターがかかってるのは間違いないんですが。
フィルターがかかるまでの間に、先入観が一切なかった時期があって、その時期に見たものが元に、今のわたしの「フィルター」になっている。
4日のガードをしながら、4日に観劇した人から聞いたとうこさんの楽しそうな様子だとか、わたるさんに向けてアイコンタクトをたくさんしてたことだとか、本当のことだろうなあと思う。見てなくても。(というかさくらにわたるさんが来たときのはしゃぎっぷりも凄かったし)


だからわたしは、ワタトウだと言い張る。もしかしたらねったんと一緒の時のとうこさんを好きになってたらねっとうだとか、ケロさんが以下略・・・とか、違うフィルターがかかったかもしれない。
でも何度も書いてることかもしれないけど私は、瞳子さんをあの時のベルばらのオスカルで見なかったら、ここまで好きになってなかったと思うんだよね・・・。だからもう仕方ないことだと思う。

と、久しぶりに熱くワタトウについて語ってしまいましたが
だから余計に、アイーダが本当に切なく見えた。
まだ録画してないので後でまたちゃんと見てみようと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:麻美

かうんた


最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

行く。

リンク
FC2ブログランキング
ランキングに参加してみました。ぽちっとお願いします

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。